恩師、長谷川三千子先生と