日本平和学研究所について

 

<小川榮太郎 理事長挨拶>

日本が現在陥っている危機は容易ならざる水準にあります。

表面ではいまだ世界を代表する経済大国であり、社会の成熟や安定度は非常に高いと言えますが、

内側からの崩れが、近未来の「平和日本」の、確実な終焉を準備しているというのが、私の見立てです。

その崩れは、第一に、文化・知性・政治経済の領域での人材力の大きな水準後退として、

第二に、人口激減、安全保障環境の脆弱化など、政治的な対処の大きな遅れとして、出現しています。

当研究所は、この巨大な課題に正面から挑みます。

皆様の御支援、御参加を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

 

「平和研」ってどんなところ?

これまでの取り組み

平和研はこれまでどんな取り組みをしてきたのですか?<PDF>

 

現在の取り組み

平和研の現在
月例勉強会「紀尾井町会議」の開催
▼「徹底検証」シリーズ本の企画や制作 実績のポイント 
▼研究員による研究会の継続開催
▼原稿に必要な調査や資料収集
朝日新聞からの賠償請求訴訟への対応

 

今後の取り組み

研究テーマについて
【小川理事長の研究テーマ】
▼明治150年:明治精神史の再定義
▼中国による日本併呑に抵抗し、新たな日本の自立の外交と思想の定立に向けて

【シンクタンクとしての研究テーマ】
▼平成30年間の総括とそれをもとにした次代の日本ヴィジョンの構想
▼人口激減問題
厚生労働省「人口減少社会」についてはこちら
参考:小川榮太郎著『最後の勝機(チャンス)』「終章」
▼安倍政権4プラン――働き方改革、人つくり革命、生産性革命、地方創生――についての検討・研究

 

優れた研究者のネットワーキング
▼保守論壇は依然として多勢に無勢。学術研究者や専門家、文化人の層が圧倒的に薄いのが実情です。保守強化のために、それらの発掘、リストアップ、ネットワーキングが不可欠です。

▼著書や学術論文の幅広いチェックをはじめ、地道な調査が必要ですが、政策立案、情報発信で必要不可欠なリストになります。

読書国家の再生
日本人の底力が急激にダウンしています。決め手は、「読書」です。
▼必読書のリストアップ
▼啓蒙活動、政策化へ向けた研究
(1992年、英バーミンガムで始まった、新生児と母親への読書啓蒙活動「ブックスタート」などを研究し、国民運動化を模索)
私たちの取り組みにご賛同下さる方は
ぜひ応援サポーター登録をお願い致します。
詳しくはこちら