日本平和学研究所について

 

about_head

<理事長挨拶>

日本が現在陥っている危機は容易ならざる水準にあります。

表面ではいまだ世界を代表する経済大国であり、社会の成熟や安定度は非常に高いと言えますが、

内側からの崩れが、近未来の「平和日本」の、確実な終焉を準備しているというのが、私の見立てです。

その崩れは、第一に、文化・知性・政治経済の領域での人材力の大きな水準後退として、

第二に、人口激減、安全保障環境の脆弱化など、政治的な対処の大きな遅れとして、出現しています。

当研究所は、この巨大な課題に正面から挑みます。

その為に当研究所では、以下の2つの実現目標を掲げ、邁進する所存です。

未熟、未知数のスタートではありますが、

皆様の御支援、御参加を賜りますよう、心からお願い申し上げます。


<事業内容の紹介>

jigyou_top

「学び」の場では、理事長小川榮太郎による月例の讀書勉強会を開催しています。

「研究」の場では、政府・政党・民間からの委託に対する提言作成、また、理事長による

「戦争と平和」、「人類の文明」に関する研究を始め、研究所の理念に基づく各種研究の取り纏めを行っています。

「交流」の場では、会員のみが参加できる特別なロケーションをご用意した社交、或いは文化探求の場を提供致します。

academy_photo

月例讀書勉強会「讀書の學」は、年間スケジュールに添って深く文學と向き合い学ぶ場です。

ご参加をご希望の方、興味があってこれから参加をご検討されたい方は、是非会員登録をお勧めいたします。

kaiin_botton4