小林秀雄の訃報に触れ、文藝評論の道を意識しはじめる

小林秀雄の訃報に触れ、文藝評論の道を意識しはじめる