【著書紹介シリーズ2】 事務所投稿 国家の命運 安倍政権奇跡のドキュメント(2013/6/14 幻冬舎)

小川榮太郎は、この9月から著作活動に本格的に復帰します。
それに先立ち、まずはこれまでの著作を毎週、皆様からの感想や著者コメントと共に振り返ってみたいと思います!
◎国家の命運 安倍政権奇跡のドキュメント(2013/6/14 幻冬舎)

安倍政権はぎりぎりで間に合った
奇跡の政権である。
2013年夏。悪化するデフレ、中国・韓国による領土侵犯と、
かつてない内憂外患の危機にあった日本。
あのまま民主党政権が続いていたらどうなっていただろうか。
この国を救うために、地獄の底から命を賭して戻ってきた
類いまれなる政治家の新たな戦いの軌跡を
文藝評論の手法で鮮やかに描いた感動のノンフィクション。
(幻冬舎BOOKデータベースより)

<著者コメント>
本書は、政権誕生までの舞台裏と政権誕生直後のスタートダッシュの有様を描いたノンフィクションです。何しろ、安倍氏が総理に返り咲いたことさえ全くの奇跡でした。いつまた、第一次の時のような「安倍叩き」にさらされるか分からない中で、政権復帰直後の参議院選挙に間に合わせて、安倍政治の実際を知らせる為に書いたものです。
今既視感に襲われるような第二次安倍叩きの只中。――『約束の日』と共に、安倍氏が総理である事の意味を確認する上で読んで頂ければ幸いです。

<ご購読はこちらから!>
単行本→http://amzn.to/2uVMNQf
Kindle→http://amzn.to/2eMqMNp

<読者からの評判は?>
アマゾンレビューのチェックはこちらから!
http://amzn.to/2h1o6fx
~・~・~
新著刊行までのカウントダウン企画です、次回もお楽しみに!