【美の世界・国のかたち】早稲田大学文学学術院教授、能楽・世阿弥研究者の竹本幹夫先生<後編>

チャンネル桜『美の世界・国のかたち』最新回が公開されました。『秀吉の見た「卒塔婆小町」、風姿花伝を巡って』と題し、ゲストは前回に引き続き早稲田大学文学学術院教授の竹本幹夫先生です。

竹本先生のご著書『風姿花伝・三道』(現代語訳付き)は、現代の芸能や舞台に携わる方が読んでも十二分に学ぶところのある、大変優れた研究所です。こちらも併せて、ぜひご覧下さい。