本日発売『正論』9月号へ寄稿

seiron_9

本日発売の『正論』9月号に、「なぜ憲法は争点たり得なかったのか―政党政治の堕落」と題した、小川榮太郎代表理事による論文が掲載されました。以下、本人よりコメントです。


安倍総理官邸政治が日本を支へてゐる一方で、自民党を含め、政党政治の空洞化が深刻だといふ議論です。
多岐な問題を拾ひあげた論文ですので注意深く読み、関係者に充分研究して頂きたいと思つてゐます。