「讀書の學」平成28年7月の様子&大切なお知らせ

式次第

  • 理事長時事講談
  • 『小林秀雄の後の二十一章』講読
    第四章 安岡正篤の「戰後」――その洞察の核心 p.68~p.73(四章終了)

~休憩~

  • 傳承文化研究所 小林隆先生による和歌講座
    和歌創作:今月のテーマ「七夕」

~休憩~

  • 桶谷秀昭 著『昭和精神史』に関する質疑応答
  • 質問を踏まえ、第四章「革命と国家」の四からの解説と熟読

~輪になってプチ懇親会~


【スタッフより】
平成二十八年七月の「讀書の學」へお越し頂いた皆様、誠にありがとうございました。

スタッフとして毎月参加させて頂きながら、世の中に目を向けようとする時に持つべきスケール感のようなものが、徐々に理解できてきたような気がしています。文學を通して、その当時の時代性や精神性、大衆性或いは空気を読み解くことは、教科書で出来事の記録をなぞる歴史とは全く違いますね。イデオロギーや紋切り型のカテゴライズを捨てて、実直に人物そのものを見ようと試みる事で初めて理解できる過去というものがあると感じます。『小林秀雄の後の二十一章』の講読、『昭和精神史』の熟読、双方において、検索ではまず辿り着かないような逸話が飛び出したり、はっとさせられる指摘から当時の様子をありありと想像させられたり、ただでさえ分厚くて読むのが大変な二冊ですが、たった独りではまずここまで読み込む事は不可能だと気付かされる事ばかりです。

そして突然ですが、ここでひとつお知らせです!
今年四月に開始した「讀書の學」は、「學び」に集中する場をどのように創って行けるか暗中模索しておりましたが、今後の更なる向上を目指して、八月よりPSIJ本登録会員の皆様は講座への参加を無料とさせて頂きます。また、講読、熟読、和歌講座の時間はそのままに、質疑応答や議論の場を作ることにより重点を置いた構成にリニューアル致します。

次回の開催は8月6日です。どうぞお楽しみに!
お知らせメールをご希望の方は、会員登録をお願い致します!
https://psij.cd-pf.net/


会場:千代田区三崎町3-6-15 貸し会議室内海2階
日にち:8月6日(土)
[開場]13:30
[講義開始]:14:00
[講義終了予定]:17:30
[補習・ディスカッション終了予定]18:30

[参加費]
平和研の本登録会員 :無料
仮会員・ビジター:4,000円
※仮会員の方でも、当日一年分会費(25,920円)を
お支払いの方は、 無料となります。
別途お申し付け下さい。

<< 留意事項 >>
・予習前提(読んでくることは勿論、質問や討議内容を予め各自用意しての参加)
・講義音声と資料を後日、本登録会員向けに配信致します。
・『小林秀雄の後の二十一章』解説は、全会員に無料で音声を配信致します。
・講義に使用する本は各自でご用意ください。
・途中入退場は自由ですが、録画録音をしておりますので、お静かに願います。

★★讀書の學についてはこちらで詳細はこちら★★
http://psij.or.jp/academy/
ご参加の皆様は、平和研会員サイトにログインのうえ、
下記URLにて参加表明をお願いします。
https://psij.cd-pf.net/event/data/573d4e404a6d425c6d00008 2016/06/03


photos